外壁塗装とは

外壁塗装とは

マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方であれば、外壁塗装は管理会社が定期的に行ってくれます。しかし、一軒家の持ち家の場合は、自分で外壁塗装を行う必要があります。

 

毎日風雨や紫外線にさらされている外壁は、いくら住宅が頑丈とはいえ、次第に腐食が進んできます。少しでも外壁のトラブルを防ぐために行っておくのが、外壁塗装なのです。外壁塗装というと家の景観のためだとばかり思っていた方には、意外な効果と思えるのではないでしょうか。

 

家を新しく建てるときに行われる外壁塗装と、何年か住んでから塗り替えを行う外壁塗装とでは方法が違ってきます。新築の場合には、外壁に模様をつける場合があり、塗装工事では吹き付けという選択がされるのがほとんどです。

 

しかし、塗り替えをするときには、ローラーを用いての塗装工事がほとんどです。集合住宅の場合には15年に一度などの定期的な外壁塗装が義務づけられていますが、個人住宅の場合にはタイミングが自由です。

 

その分、ちょっとした破損程度だと見過ごしてしまうかもしれません。しかし、塗装が遅れれば遅れるほど、外壁の被害が大きく広がってしまいかねません。塗装が剥がれてきたり、外壁にひび割れが生じたりといった事態に気づいたら、早めに工事を依頼することをおすすめします。

 

チョーキングといって、外壁から白い粉が出ているような場合も、住宅が劣化してきている証拠です。カビや藻などが生えてきたときにも、楽観視せずに外壁塗装を検討したほうがよいでしょう。

 

工事業者に塗装を依頼すると、現地調査をした上で見積もりをとってくれます。納得したら契約となり、作業が開始されますが、押しの強い営業マンなどに法外な料金で外壁塗装を頼んでしまうようなことは避けておいたほうが無難です。