ダニがマットレスで繁殖しないようにするための対策法

ダニがマットレスで繁殖しないようにするための対策法

マットレスの種類として、ポケットコイルや低反発マットレス、高反発マットレスなどがありますが、その種類によってメンテナンス方法は違っていて、ダニ対策の方法も違っているのだろうかと思っている人もいるのではないでしょうか?

 

確かにマットレスの種類によって使われている素材などは違っているのですが、基本的にメンテナンス方法というのは、種類に関係なく共通しているのでご安心ください。肉眼ではなかなか確認をすることはできませんが、どれだけ清潔な室内だとしても、少なからずのカビは存在しているのです。基本的にダニというのは、1平方cmで1000匹前後は存在しているものなのです。

 

このダニというのは、室内の湿度が55%以上になっていると繁殖しやすくなり、どんどん増殖していくことになります。ですので、しっかり掃除機をかけることも大切ですが、しっかり換気をして湿度が上がらないようにしてダニが増えないように対策をすることが大切です。

 

なお、マットレスを畳の上においてしまっている場合、特にダニが増えやすくなってしまいますので、畳や床の上にダイレクトにマットレスを置かないようにしましょう。

 

畳というのは、湿度も吸水性も高くなってしまっていますから、ダニが増えやすい環境になってしまっているのです。もしも畳の上で寝ているのであれば、ずっと敷き布団やマットレスを置いたままだとそれだけダニが増えてしまいます。ですので、こまめに天日干しをしたり、収納をするようにしましょう。

 

さらに、室内というのは、皮脂やフケ、毛髪などといったタンパク質が落ちてしまっているものなのですが、これらはダニの餌になってしまいます。ですので、マットレスだけではなく、枕もダニが繁殖しやすくなっていますので注意が必要です。

 

マットレスの耐久性が下がってしまったり、カビやダニが増えないようにするためにも、1ヶ月から3ヶ月に一度のペースで、マットレスの表裏や上下の向きを変えるようにしましょう。そうすれば、特定の箇所だけ体圧が集中してしまうということもなくなりますし、通気性も良くなっていきます。

 

そして、掃除機を使うときには、シーツを取り除いて、マットレスの表も裏もしっかり吸い込んでゴミなどを除去しましょう。また、風通しがいいところでマットレスを天日干し、または陰干しをするようにして湿気を逃すことも大切です。